3/3ページ

3/3ページ

医療保険と一部負担金

医療保険と一部負担金 ①医療保険の種類 国民皆保険制度で、すべての人が何らかの健康保険に加入することが義務づけられています。医療保険の種類は、次の通りです。 職場に勤める人を対象とする保険  協会けんぽ(全国健康保険協会) 健康保険組合 船員保険 国家公務員共済組合 地方公務員等共済組合 日本私立学校振興・共済事業団 自営業・高齢者等を対象とする保険 国民健康保険 75歳以上(65歳以上心身障害の […]

70歳以上の窓口負担限度額・限度額認定証

70歳以上の窓口負担限度額・限度額認定証 高額療養費制度とは  重い病気などで病院等に長期入院したり、治療が長引く場合には、医療費の自己負担額が高額となります。そのため家計の負担を軽減できるように、一定の金額(自己負担限度額)を超えた部分が払い戻される高額療養費制度があります。  被保険者、被扶養者ともに同一月内の医療費の自己負担限度額は、年齢及び所得に応じて次の計算式により算出されます。 A.7 […]

国民健康保険料(税)の減免制度

国民健康保険料(税)の減免制度 国民健康保険料は、健康保険と比べて二倍近く高く、また低所得者程、所得に対する負担割合が高く逆進的になっています。国民健康保険法は国保料(税)の減免制度を規定しています。国民健康保険の減免制度には国が行っている「法定減額制度」と自治体が行っている「申請減免制度」と二通りあります。 ① 法定減免制度 この制度は、国が行っている制度で≪別表1≫の所得水準に該当すれば減額さ […]

気軽に、生活保護の相談に応じています

一人で悩まないで、気軽に相談を!    ☎076-253-1636 です。 生活保護をうけるには? 貯金もなく親族の支援も受けられない場合に健康で文化的なナショナルミニマムの生活を保障する「最後のセーフティーネット」が生活保護です。最寄りの福祉事務所の窓口で相談しましょう。 活用できる預貯金がないかなどの調査を経て保護されるかどうかが決まります。  多くの自治体では、働ける現役世代が […]

生活保護を活用するための簡単な手引き

生活保護を活用するための簡単な手引き ~生活保護 Q&A~ Q1 生活保護はどんな場合に利用できますか?    国が定めている「最低生活費」以下の収入しかなく、手持金や貯金などもわずかになり、現在生活に困窮している状況であれば誰でも生活保護制度を利用できます。最低生活費は、地域や年齢で細かく決められていますが、生活費が1人暮しで6~8万円程度(賃貸住宅の場合+家賃)、2人で9~12万円程度 […]

1 3